2016年12月23日金曜日

Carl Zeiss Planar 1,4/50 HFT 5575186



ローライSL35シリーズのQBMマウント用のHFTプラナー50/1.4です。50/1.4は「Carl Zeiss Planar」と銘板にありますが、50/1.8はHFTはmade by Rolleiとなり、Carl Zeiss銘が消えます。更にはcolor-Ultronになったりしてますが、50/1.4は「Carl Zeiss Planar」しか見た記憶がありません。ガラス部はY/CのPlanar50/1.4と全く同じなのか、異なるのか、気になる事は多々在りますが、「どうなのかなぁ?」以上の思考は停止。




ローライSL35は好きなカメラなので、Y/CのPlanar50/1.4より愛着あり。「Y/CとHFTは光学同じなんでしょうか?」と人に尋ねると、「同じだと思う」とのお答えをもらえます。でも、QBMに恋しちゃってるとバイアスかかって贔屓目に見てしまい、HFTの方が良い気がしちゃったり。夢は醒めずに居たい所ですけど・・・・

所有してる、この個体はチョット変ってます。これがレア品なのか判りませんが、見た事のある他の同レンズとは違う刻印エラー品。



絞りのA/M切替の刻印がどちらも「A」なんです。「なんで両方Aなんだろ~」と不思議に思ってましたが、違う個体の写真をみるとAとMと刻印されてますので、これがエラー品なんだと思います。

素敵なエラー品なので、ますます愛着が増しちゃいます。刻印だけの問題で、機能的にはしっかりオートとマニュアル切替になっている。


開放 - α7、JPEG

コントラストも良好。ボケの輪郭が太筆で描いたような描写。そうそう、プラナー50/1.4ってそう。湾曲はチョイ目立つ。そこもプラナー50/1.4の記憶。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

ここしばらくコントラスト低いレンズが続いて居たので、逆光だろうがスッキリと写るのは流石と思わざる得ない。70年代にこれだけ写ってれば、そりゃ信頼されますね。しかも、それが舶来の西独製。日本人平伏すね。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放でもコントラストは結構保つ。とろけるボケではないが、猿で云ったようにボケの輪郭が太筆書きなので、煩い感じにはなり難い。


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

プラナー50/1.4はY/Cも含めて経験上、開放よりF2やF2.8が美味しいと思ってる。F2.8で撮るとピントのキレ、ボケ、文句無い。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

天邪鬼なので、普段あまり積極的にプラナー50/1.4使おうとしない。今回久しぶりに使ってみて、記憶以上にバランス取れた良いレンズだと再認識。やっぱり皆さんに云われるだけの物であります。これよりシャープなレンズもあるし、これよりボケが綺麗なレンズもあるけど、大きさ含めて開け気味でも絞っても、上手く作られているお手本となるレンズなのでしょう。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F2 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

フィルム時代にも色が綺麗だと感じたプラナー50/1.4。デジでRAW現像すると、とても現像し易い。Y/CのNマウント用プラナー50/1.4の時にも書いたが、グリーンの発色が綺麗なのである。不思議だ。綺麗と云うか、正確にはグリーンのトーンがリッチ。トーンがリッチなのでカラーバランス等を補正しても、トーンが破綻せずに綺麗に直る。そんなに差が出る物とも思えないだけど、実際に現像してると差を感じるから不思議。気のせいかも知れない?事実かも知れない?



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放遠景は全体にかなり解像甘い。ハロっぽくてハイライトは全て滲む。記憶にあるプラナーの開放画質と一致する。F2にしただけで、グンっと画質アップ。周辺の像の甘さは残るが全体にヌケが格段に上がる。F5.6から破綻は粗なくなるがF4までは周辺の甘さは結構残っている。しかし、使ってるとF2から凄く良くなったと感じる。その理由はF2の段階で中心部の画質はF5.6やF8と遜色無い程に切れて来るからだろう。ちょっと絞っただけで、ど真ん中はビシっと来る。大抵は真ん中も絞るにつれて、徐々に向上するが、これはイキナリビシっと来る。



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

ボケは僅かな過剰補正ガウス型らしいボケ。F2までは僅かにリンギングあり。特別美しくないし、特に汚いとも感じない。F2.8からは綺麗な物だ。あまりボケに過剰な期待をしてプラナー50/1.4に接しない方が宜しいとは思う。今時のネットで語られてる様な「美しいボケ」を期待するのはお門違いだと思う。正当的に良く出来たレンズです。

大口径の深度を楽しめて、カリカリせずに柔らかいながらもシッカリ写るのをお求めならプラナー50/1.4をお薦め。

そうそう、行方不明だったY/Cプラナー50/1.4も見つかったので近い内にやりましょう。

2016年12月2日金曜日

AUTO YASHINON 1:1.8 f=5.5cm YASHICA JAPAN No.504772



Yashica ペンタJ/TLシリーズ用の初期の標準レンズ。絞り表示が覗き窓が個性的な筒のデザインで、このデザインは後のDXシリーズまで受け継がれる。



国産一眼レフ用のレンズではピントリングまで含めて全体がクローム仕上げは少数派。

この時代のM42ヤシノンの標準レンズは、ミラーレス機の場合は問題無いが、一眼レフの場合はお尻にミラーが当たる場合があるので欲しいと思ってる人は気をつけて。



これは同じくM42マウントの標準レンズであるAUTO CHINON 55/1.7のお尻。無限遠の状態なので1番後ろに出っ張ってる状態。



で、こっちがAUTO YASHINON 5.5cm/1.8の無限遠の状態のお尻。かなり出っ張っちゃってます。

良くあるのはEOS 1D系はミラーを尺って上げるので当たらないけど、5Dだと当たってしまうとか。僕は経験ありませんが、同じM42のカメラでも機種によっては当たるって話も聞いた事あります。

まぁ、このレンズでミラーが当たらないように作ってあるペンタJ/TLは、逆に云えば、まず他のレンズで当たる事は無いワケなので、ペンタJ/TL側から見れば、何も不都合は無いワケ。過去のレンズ資産や、他のM42レンズを拝借する考えはあってのM42の採用で。当時のメーカーにあまり相互互換って考えは無かったのだと思う。

ヤシノンDX50/1.4や50/1.7も、同じくとっても出っ張ってる。店頭で填めてテストすると、店内だピント繰り出してるので大丈夫だったりするので、要注意。

僅かに当たるだけなので、ルーターで削っちゃう人も居ました。


開放 - α7、JPEG

中心付近のピントの切れは中々良い。この条件のでの後ろのボケは少々硬く煩い。

所有するレンズはコンディション悪いです。大きな傷は無いが、逆光やハイライトにソフトフォーカス効果が出るには十分な細かい拭き傷が盛大にあり。なので、そのあたりは差し引いてテスト画像見てやって下さい。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

拭き傷の影響を差し引いても、逆光には弱そうなレンズではある。EVF機になってゴーストが写るままに確認出来るので、ゴーストがコントロール出来て楽しい。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

真ん中は上品なので、印象は良いが、良く見るとシッカリ絞っても最外周はかなり甘い。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

車窓越し。車窓のガラスの被りとフレアっぽさが混ざって奇妙なソフトフォーカスに・・・


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

これもヴェールを被ってるが、拭き傷がなければ、もっと抜けるのだろうか?
コンディション良くても、大して変らない気もしてる・・・


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

日が落ちたら、とても普通になって来た。


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開け気味は当時のガウス型標準レンズらしい写り。標準レンズにしては像がモッコリ丸まって見える。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞り5.6、球面収差は相当残ってるのか、外と内でピント位置が明らかに違う・・・
EVFのピーキング機能をつかって、さっくりフォーカスしたのだが、外周がピント来てて、中がピントが無い。ちゃんと拡大してフォーカスしないと駄目だな。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

木陰に入って絞って撮ったら、コントラストもシッカリでた。これもピーキング使ってピント合わせての撮影だが、F11ならピーキングで会わせると、画面全面での最良ピント位置が得られる様子だ。拡大で中心に合わせた定点テストより全体にシャープになった。



F1.8 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

定点の無限テストはビックリするくらい酷い。(笑)

開放なんて真ん中以外は溶ける。絞っていっても溶ける。最小絞りでも外周は崩れたままだ。倍率色収差は結構ありそうだが、像の甘さの中に溶けて消えてちゃう。



F1.8 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

誤魔化し利かない遠景より近景の方が無難に写る。フレアで抜けが悪いのと、その性かカメラが色を正確に表現出来ない様子。絞って行っても深度が深くなりボケが小さくなるだけで、コントラストは上がって来る様子がない。コンディションの性だと思いたい。

使う前は、もっとまともに写る物を想像していたが、なかなかのファンタジー玉だった。