2014年12月9日火曜日

Nikon NIKKOR-H.C Auto 1:2 f=50mm 2210474



以前紹介したNIKKOR-H auto 50/2のマルチコーティング版である。前身のNIKKOR-H auto 50/2の
発売が1964年で、H.Cとなってマルチコート化されたのが1972年らしい、今と違って以前は開発のペースがノンビリしてたのが伺える。スペック的にはマルチコート化された以外は変化無し。最短撮影距離も0.6mのまま。レンズ前枠が梨地銀から黒に変った以外はデザインすら変化無しなのは驚く位の変化の無さだ。今の新製品に追い立てられるユーザー達と違い、昔のユーザーは比較的長く心中穏やかで過ごせた物なのだ。



銀枠から黒枠になって印象が変るかって云うと、見た目の印象は変るって云えば変るけど、人によっては気付かないかもって位の差でもある。どっちが好みかと問われても、どっちでも良いって感じだ。


開放 - α7、JPEG

EVFファインダー覗いたり、撮った写真見るとモノコートのNIKKOR-H auto 50/2より、抜けが良く見えるのだけど、ウン十年も経ったレンズ同士の比較。コーティングの差に因る物か、コンディションの差に因る物かは判断不能。正直さっぱり判りません。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

大手町に建つ日本ビルヂングの横に居るプロメテウスさん。放火魔に見えるが人類に火をもたらした神様だ。足元には希望って書かれてるのが、東日本大震災の後の現在では「プロメテウスの火」を考えると切ない。

プロメテウスさんの後ろにそびえる「日本ブルヂング」は下からビルドアップした正真正銘のビルディング。今時の板張りビルと違い、軍艦の如き姿は重厚で好きなビルなのだが。そろそろ建替えられてしまうのではないかと危惧してるビルである。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

もうちょい離れたいのだけど、後ろに引けずに少々窮屈。都心の裏道では50mmって苦しいんだよ。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

コンディションかコーティングか判らないけど、手持ちのNIKKOR-H auto 50/2より明らかに抜けがいい。まぁ、デジだと関係無い程度の差ですけどね。。。


開放 - α7、JPEG

NIKKOR-H auto 50/2と同じようにラストは飼猫を開放で撮る。最短0.6mは嬉しく無い。開放でもピントを掴み易いのは、これまたNIKKOR-H auto 50/2と同じか同等以上だ。



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

詳細に見ると、所有するH auto 50/2との比較では、開放からF4程度の比較では像の崩れは古いNIKKOR-H auto 50/2の方が少ない。フレアはH.C auto 50/2の方がスッキリしてる。

2014年12月8日月曜日

CANON LENS EF 50mm 1:1.8 Ⅱ CANON LENS MADE IN JAPAN (2901342E)



オーディオの世界にバジェット・ハイファイってジャンルがある。比較的低価格な製品なのだけど、ツボを抑えた作りで価格以上のパフォーマンスを示す製品が呼ばれるジャンルだ。大抵は外見や作りは安っぽい。しかし、コストの中で必要な所を出来るだけケアしてある。見た目は地味で高級感も無いから、判らない人には見向きされないが、判る人には重宝がられる。

バジェットレンズと云うに相応しいレンズがこれ。何しろ新品が実売1万円だ。EOS持ってて他の50mmレンズを持ってないなら、これを買っといて損は無い。否、買っとかないとダメでしょ。って位のレンズだ。どうかキヤノンさんにはこれを売り続けて欲しいと切に願う。



外装はほぼ全部プラ。プラのお陰かとっても軽い。ズシッと重いのは結構嬉しいのだが、それは家で遊んでる時の話。外に持ち出して実際に使うと軽いのは実にありがたい。

EFレンズの50/1.8には、Ⅰ型と呼ばれてる、これの前身のタイプがある。Ⅰ型は光学的には中身は同じなのだろうが、筒の造りはEF50/1.4と同様の立派な造りだ。それをワザワザ徹底的にコストダウンして造り直したのがⅡ型。

Ⅰ型の発売はEOS650と同じ1987年。その僅か3年後にⅡ型になる。Kissの前身の低価格フルスペック機、EOS1000QDの発売も1990年。どうやらEOS1000QDに合わせて低価格レンズとしたのかも知れない。1990年から現在までキヤノンはこれを売り続けてる。

EOSシステムになる以前のキヤノンのFDシステムは膨大なレンズ資産があって、EOSと併売されてた。EOSが売ってる時代でも、あえて新たにFDシステムを買ったと云うハイアマチュアやプロは多くいた。そのFDシステムを終了するのが1996年。恐らく、メーカーのキヤノンには怒りの投書や電話が数多くあったと想像出来るし、キヤノンさん自身も少なからず申し訳ない気持ちもあったと思う。ひょっとすると、1万円レンズを売ってるのは罪滅ぼしの意味もこもってるのかもね。。。


開放 - α7、JPEG

開放はボワっとしてる。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放で撮るのも飽きたから、もとのスタイルに戻る。F11でカッチリ撮るのは気持ちいい。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F9 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

何故か木ばっかり。。。

なんかもっともらしい理由を後付して置かないと、、、そうだ、世界平和を祈って木を撮り続けてます。はい。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

紅葉を撮るつもりでブラブラしたのだけど、時期を逸してて殆ど落ちてた。見ず知らずのマンションの入口が色付いてから撮る。墓標みたいだ・・・

このレンズ、使ってると僕の頭の中にある一眼レフ用の標準レンズその物の写りだ。以前80年代は普通がポジティブになった時代と書いたが、正にそれ。普通に良く写る。ボケが特別綺麗で開放からバッチリとかって事はない。僕の知ってる当たり前の標準レンズだ。



F1.8 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22



F1.8 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22

このレンズも絞りによる画質向上はなだらか、キッチリとるならF5.6には絞りたい。EF50/1.4もそうだけど、開放は意外な位にホンワリだ。

ボケは特別綺麗ではないけど汚くもない。個人的にはこう云うボケで全然構わない。