2016年12月2日金曜日

AUTO YASHINON 1:1.8 f=5.5cm YASHICA JAPAN No.504772



Yashica ペンタJ/TLシリーズ用の初期の標準レンズ。絞り表示が覗き窓が個性的な筒のデザインで、このデザインは後のDXシリーズまで受け継がれる。



国産一眼レフ用のレンズではピントリングまで含めて全体がクローム仕上げは少数派。

この時代のM42ヤシノンの標準レンズは、ミラーレス機の場合は問題無いが、一眼レフの場合はお尻にミラーが当たる場合があるので欲しいと思ってる人は気をつけて。



これは同じくM42マウントの標準レンズであるAUTO CHINON 55/1.7のお尻。無限遠の状態なので1番後ろに出っ張ってる状態。



で、こっちがAUTO YASHINON 5.5cm/1.8の無限遠の状態のお尻。かなり出っ張っちゃってます。

良くあるのはEOS 1D系はミラーを尺って上げるので当たらないけど、5Dだと当たってしまうとか。僕は経験ありませんが、同じM42のカメラでも機種によっては当たるって話も聞いた事あります。

まぁ、このレンズでミラーが当たらないように作ってあるペンタJ/TLは、逆に云えば、まず他のレンズで当たる事は無いワケなので、ペンタJ/TL側から見れば、何も不都合は無いワケ。過去のレンズ資産や、他のM42レンズを拝借する考えはあってのM42の採用で。当時のメーカーにあまり相互互換って考えは無かったのだと思う。

ヤシノンDX50/1.4や50/1.7も、同じくとっても出っ張ってる。店頭で填めてテストすると、店内だピント繰り出してるので大丈夫だったりするので、要注意。

僅かに当たるだけなので、ルーターで削っちゃう人も居ました。


開放 - α7、JPEG

中心付近のピントの切れは中々良い。この条件のでの後ろのボケは少々硬く煩い。

所有するレンズはコンディション悪いです。大きな傷は無いが、逆光やハイライトにソフトフォーカス効果が出るには十分な細かい拭き傷が盛大にあり。なので、そのあたりは差し引いてテスト画像見てやって下さい。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

拭き傷の影響を差し引いても、逆光には弱そうなレンズではある。EVF機になってゴーストが写るままに確認出来るので、ゴーストがコントロール出来て楽しい。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

真ん中は上品なので、印象は良いが、良く見るとシッカリ絞っても最外周はかなり甘い。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

車窓越し。車窓のガラスの被りとフレアっぽさが混ざって奇妙なソフトフォーカスに・・・


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

これもヴェールを被ってるが、拭き傷がなければ、もっと抜けるのだろうか?
コンディション良くても、大して変らない気もしてる・・・


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

日が落ちたら、とても普通になって来た。


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開け気味は当時のガウス型標準レンズらしい写り。標準レンズにしては像がモッコリ丸まって見える。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞り5.6、球面収差は相当残ってるのか、外と内でピント位置が明らかに違う・・・
EVFのピーキング機能をつかって、さっくりフォーカスしたのだが、外周がピント来てて、中がピントが無い。ちゃんと拡大してフォーカスしないと駄目だな。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

木陰に入って絞って撮ったら、コントラストもシッカリでた。これもピーキング使ってピント合わせての撮影だが、F11ならピーキングで会わせると、画面全面での最良ピント位置が得られる様子だ。拡大で中心に合わせた定点テストより全体にシャープになった。



F1.8 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

定点の無限テストはビックリするくらい酷い。(笑)

開放なんて真ん中以外は溶ける。絞っていっても溶ける。最小絞りでも外周は崩れたままだ。倍率色収差は結構ありそうだが、像の甘さの中に溶けて消えてちゃう。



F1.8 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

誤魔化し利かない遠景より近景の方が無難に写る。フレアで抜けが悪いのと、その性かカメラが色を正確に表現出来ない様子。絞って行っても深度が深くなりボケが小さくなるだけで、コントラストは上がって来る様子がない。コンディションの性だと思いたい。

使う前は、もっとまともに写る物を想像していたが、なかなかのファンタジー玉だった。

2016年10月13日木曜日

CANON LENS FL 55mm 1:1.2 64297 CANON LENS MADE IN JAPAN



FDマウントになる以前のFLマウントの超大口径F1.2標準レンズは58/1.2と55/1.2がある。58/1.2はFLの以前のマウントのRマウント用と恐らく基本的には同じで、新種ガラス使って新たに設計したらしい55/1.2はFD55/1.2に継承されて行くレンズ。ずっしり、ドッシリと金属とガラスの塊感溢れ、満足で満腹な一本。



太いからアダプターでα7に着けても天狗っぽくならずに中々のバランス。実測でレンズ単体455g、アダプター込みで533g。牛乳パック着けてる状態なので重い・・・。前回のローライナー50/2からだと余計に重く感じます。

ブリーチロック方式のレンズマウントはペトリやペンタゴンシックス等ありますが、キヤノンの様にレンズ側に締め付けリングがあるのは珍しい。ボディ側にリングならばリングの数はボディの数だけど、レンズ側にあると作ったレンズの数だけリングが必要。その数の違いはエライ違い。今の合理的なキヤノンさんだと有り得ない気がする。


開放 - α7、JPEG

開放のお猿さん、コントラスト低し。全体にモンヤリ。58/1.2から55/1.2は新種ガラス使った新設計って事なんだけど、コレ見る限りは余り期待度は高まらない・・・

2線ボケ傾向はあまりないけど、カラーフリンジは大目。樽形湾曲は結構目立つが、当時の超大口径標準では普通でしょう。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

超大口径ですから、期待に応えるべく開放で撮りました。

電気メーターはピント何処?一応白いシールに合わしたハズなんだけど滲んじゃってます。樽形歪みは大きいレンズですが、この写真は余計に歪んで見えてます。レンズの歪みより、コンクリ屏が実際に曲がってました。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

彼岸花は結構シャープに見える。フレアが目立たなければ解像はしてるのでしょう。ボケはお猿さんと同様に少々グズグズして見える。球面収差より、カラーフリンジがそう見せるような?


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

遠景を絞って撮って樽補正すれば上品。コントラストは柔らかいがシッカリ解像してる「オールディーズ・レンズ」。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

逆光気味や強いハイライトがあるとフレアっぽさを感じる。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開け気味での近景や中景(って云うの?)はボケに癖あるが、絞っての描写は良い。F5.6で十分に切れる。



F1.2 - F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放やF1.4は全画面で解像した線はモヤの中。周辺減光も大きい。モヤモヤしてるが、周辺でも線は流れて崩れはしてない。F2からモヤが晴れてグンと良くなる。良くはなるがF2.8までは甘さが残る。F4から最外周以外は文句なし。



F1.2 - F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

ボケ自体は強烈なクセは無いが、開放からF2.8まではカラーフリンジが目立つので、あまり綺麗ではない。遠景と同様にF4からエレガントなレンズになる。F4、F5.6あたりで人を撮ったら美味しいのではなかろうか?柔らかく端整で切れもある。

極端に判り易い、派手な個性ではないけれど。F4、F5.6あたりの描写は美味しい。超大口径レンズだが、開放よりその辺りでもう一度使ってみたい。テスト終えたが、そう思わせる。

2016年9月26日月曜日

Rolleinar 1:2 f=50mm 0300837



ローライQBMマウント用で、恐らく最廉価版の標準レンズ、Rolienar 50/2。これも中々出会わないレンズ。生産本数は恐らく非常に少ない、所有するこれの番号が0300837。恐らくファーストロットでお終いだったのでは?現役時代にローライやフォクトレンダーの一眼レフを買う人が、この安っぽいレンズを買う理由は殆ど無い。

トキナー製と伝え聞きますが、どうなんでしょう?

------------ 追記 ----------------

マミヤ製との助言頂きました。そうとも聞きます。判んないです。ローライナー55/1.4をジーッと見てると、マミヤに思えて来た。裏取りたい。

---------------------------------



特別な事は何も無い、小さくて、軽くて、安っぽい。最短撮影距離45cmなのは偉い。殆どのローライナーはMCを謳ってるが、これはMC表記も無し。


開放 - α7、JPEG

先ずは開放でお猿さん。強いクセは無い。無難に写ってる居るが、全体でコントラスト低く鮮鋭な感じが無い。崩れて流れはしない。開放に限らずコントラストの低い抜け切らないフラットな感じは絞って行っても、ず~っと残る。レンズ収差ではなく、レンズガラス面の反射に因るコントラスト低下っぽい。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞って撮れば普通にそれなり。F11でも最外周は厳密には解像せずに甘い。あまり嬉しく無くて、写欲を削ぐな。。。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

写欲を削ぐのは解像よりもコントラストの性か。甘いよりも開放から絞っていっても、ずーっと微妙にフレアっぽくてコントラスト低い感じ。フィルム時代には感じなかったので、デジ(α7)との相性が悪いのかも知れない。


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

やっぱりモンヤリっぽい。F2.8と開放は大して差がないかも?


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

解像よりモヤってるのがヤッパリ気持ち悪い。もっと無理にコントラスト上げられるけど、元がヴェール被ってるので、トーンがガビガビになってくるから・・・


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

それほどコンディション悪い感じはしないのだけど抜け悪い。少々残念。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

常連さんの知り合いで、店を贔屓にして頂いてるプログレバンド・金属恵比須のライブ。明らかにレンズの選択を間違っていた。暗いから開放で撮るとズルズル。写りはズルズルだが、ライブはノリノリ。ん?プログレでノリノリって褒め言葉になるのかな?

バンドリーダーの高木さんによれば、メンバー変わりながら20年近く同一コンセプトで続けてきたらしい。近年遂にブレーク中!!!

芸能界プログレ伝道師のスターレス高嶋(髙嶋政宏)も一押し中。プログレ好きに限らず70年代UKロック好きは聴いてみて。



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

ここではコントラストは置いておいて解像の話。正直褒められません。絞っていっても画質向上が穏やかと言うか・・・

F16まで絞っても、最外周は甘い。もちろん良像範囲は絞るにつれて広がっては行くが、良像範囲内も切れjはそれ程ない。

廉価版レンズは各メーカーにあるが、中にはコスパ高い廉価版超えた写りのレンズもある。これは買うなら期待しないで置きましょう。残念。



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

解像悪いけど、ボケがグルグルで凄い写りで面白い!なんて事もありませんね。崩れて流れてドヒャーでも無い。微妙に解像してるのが・・・

憧れのローライ、素敵なローライ、とうとう俺もローライか。って人は買っちゃイケません。
レンズがセンスや腕を助けてくれない、このレンズ。達人の養成ギブスになるかも・・・

2016年8月28日日曜日

KONICA HEXANON AR 50mm F1.7 LENS MADE IN JAPAN 55Φ (7530164)



ARマウント用のヘキサノン50/1.7です。絞り環のオートポジションがAE刻印のARヘキサノンは57mmや52mmだったコニカの標準が、T3の時代になって50mmになったシリーズ。以前より重厚ではなくなったが造りは良い。



α7につけるとこんな感じ。うーん、カッコイイねぇ。主役はレンズです。

語る事思いつかないので、淡々と事を進めて行きましょう。


開放 - α7、JPEG

お猿さん。なかなか御上品。少し低コントラストな柔らかさの中で線は綺麗。ボケは少し過剰補正の時代的に一般的なタイプ。ボケにも場所によっての大きな形状の違いも無く、キチンと組み立てられてる印象。湾曲も上等。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞るとホワホワが取れて、大変スッキリ綺麗。ガッチリではなくスッキリ上品。このタイプの描写のレンズはRaw現像向き。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞って遠景の描写は本当にいい。倍率色収差、湾曲、どちらも優秀なので、Raw現像時の収差のケアも殆ど必要ない。コントラストを適度に高めるだけでグンと良くなる。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop



開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放では中心からフワっとフレアのヴェールを被ってる。ヴェールの中の像は溶けてないので、微妙なソフトフォーカスレンズの様な描写。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

倍率色収差は少ないが、光源ボケにはグリーンのカラーフリンジが乗る。Raw現像時にケアした。開放でも光が硬ければ、元から解像してるので中々にシャープに写る。



F1.7 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放は中心部からフレアっぽい。F2の指標が無く、F1.7のつぎはF2.8となる。F2.8でフレアはかなり解消。F5.6では四隅以外は良像範囲となる。F8とF11は殆ど変らない。手前のビルのタイルの質感も良く描写してる。



F1.7 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

カブのボケテストの距離だと、さほどカラーフリンジも目立たない。同様にパープルフリンジも少ない。柔らかいながらもピントはシッカリある。像が流れずに大変端整に写る。

フィルムで使ってた記憶でも綺麗に写ってた記憶だが、カラー撮影だとコントラストがコントロール出来るデジタルでの使用で、より一層元からもってる解像度が活きる。良い印象は持ってたが、正直予想以上。

白黒フィルムや白黒デジタルでも、良い結果が得られそう。JPEG撮って出しだと、少々低コントラストで大人し過ぎに感じるかも。