2017年3月6日月曜日

NIKKOR-S Auto 1:1.4 f=50mm Nippon Kogaku Japan No.560494



Fマウント用のF1.4標準レンズの2世代目。先代の58mm(5.8cm)を改めて、RF機では当たり前の標準レンズの焦点距離を実現したFマウント最初の50/1.4。開発の話はニッコール千夜一夜物語の四十四夜で大下孝一氏が書かれてるので、そちらを参考に。それに因れば、50/1.4を実現しただけでなく、生産方法等ニコンの中でエポックなレンズだったようです。



最近、コシナのフォクトレンダーのNOKTON 58/1.4が、どこかで見たようなデザインにリニューアルされた。特にレンズの前枠がシルバーの方は、ニヤっとしてしちゃうルックスだ。NOKTON 58/1.4はコシナ・トプコールからの派生なので、コシナ・トプコールを所有する身には琴線に触れなかったが、リニューアルしたバージョンは一寸トキメク。困った。

あれ?このレンズの話じゃ無い・・・

先代の5.8cmからなんとか5cmにしようと頑張った物なので、先代と比較して見て行くとする。


開放 - α7、JPEG

開放でのお猿さんは結構モンヤリ。5.8cmは「中心は良いが周辺はゴメンね。」ってタイプで、新しい50mmは中心だけでなく、全体の収差を出来るだけ抑えようとしてる様子。強烈な暴れは無く、ほどほどに納まってる感じだ。こういった被写体の実写の印象は中心部の抜けが良い5.8cmの方が良好に感じる。5.8cmは詳細に見るとアッチコッチでエライ事になってるのですけどね。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

遠景撮るならF4からで十分写る。F8で粗全面でカッチリ&クッキリ。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

5.8cmは昔のブラウン管TVのようにモッコリ曲がって見えるが、50mmは随分と改善されていて良好。街で使うにはビルや電柱が極端に曲がらずに気持ちいい。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

先代もこれもモノコート。逆光だとフレアでコントラストは下がるが、どちらもハッキリしたゴーストはあまり出ないと思う。デジだとカメラとの相性もあるのでなんとも云えない。

場面によってはハイライトのトーンも解像もフレアで消えちゃいます。


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

もうちょい絞りたかったがシャッター速度を優先してF2.8で撮影。F2.8では周辺に甘さ残る。周辺減光も残る。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

F5.6と書いたが、F4だったかも?何れにしてもF4からは十分にシッカリ写る。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放ではお猿さんと同印象。5.8cmの方が写りが良いとは云わないが、印象では中心の抜けが良い。全体の収差量の大小だけで、実写の印象は決まらないのが面白い。もしかすると全体の収差の量って大差ないのかも?「あっちを立てて、こっちを捨てる。」と「全体に均して」の違いなのかも知れませんね。


開放 - α7、JPEG

最短撮影は60cm。もう少し寄らせてよと感じてしますが、当時はRFカメラの1mと比較すれば、60cmでも寄れるって印象だったのかも?



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放を5.8cmと並べて比べてみると、中心も含めて50mmの方が良好に見える。なのに、実写の印象だと5.8cmが開放は印象が良い。なんででしょう?5.8cmは中心以外はドロドロ。周辺画質が酷いから相対的に真ん中の抜けが良く見えるのかも知れない。こんな曖昧な感覚を相手に良いレンズを目指すのって大変そう。(笑)

F4やF5.6で50mmは5.8cmを遥か凌ぐ。正直比べるのも意味無い位に差がある。50mmはF8で画面全域に渡ってシャープ。対して5.8cmはF11まで絞っても、厳密には最外周は解像しない。

筒の見た目は同じようなレンズですが、50/1.4はスペック以上に異なる世代のレンズの様。例えるなら、小学校の上履き運動靴とスニーカー位の違い。(通じるのは昭和何年生まれまで?)



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

カブでのボケ具合も、5.8cmと比べると、ずっと大人しく暴れはない。今の目でみると古典的な大口径標準レンズらしい写りだ。




2017年2月13日月曜日

RICONAR 1:2.2 55mm RICOH LENS MADE IN JAPAN 52Φ (575681)



RICONAR 55/2.2。リコーのKマウント標準レンズでは廉価だけど良く写るとXR RIKENON 50/2が有名。XR RIKENON 50/2が当時のカタログ価格が7、8千円だったと記憶してるが、7、8千円で当時でも安い印象だった。リコーやフジフィルムは当時は低価格品の輸出が主な市場だったようで、最廉価なレンズやカメラを作っている。日本で売ったのかどうかは不明。恐らく輸出だけだったのではないだろうか?

当時の開発関係の方から開発の経緯を伺う事が出来たので、当サイトとしては珍しく為になる情報を書きます。

輸出用一眼レフの生産コストを下げるようにの指示で50/2を全群繰出しを改めて、前玉回転繰出しに出来ないか設計者数人に相談したところ、一人だけ乗ってくれたとの事です。
あれこれ計算して50/2では厳しいけど、55/2.2なら何とかなりそうとスペックが決定。カメラとセットで2000個のテストマーケティング販売をし、追加で少量造られたそうです。

懸命に造られた、コストを切り詰めながらも性能とのバランスの取れたバジェットな良品ですが、テストマーケティングの結果は芳しく無かったとの事。50mmではなく、55mmだったのが市場に受け入れられなかった原因の一つだと分析されたようです。



「安いけど手抜きは無い」と仰られた通り、造りはXR RIKENONシリーズと遜色ありません。各部の動作も滑らかですし、質感も同等。馬鹿に軽い事も無く、重くはないけどスカスカな感じも無い。前玉回転繰出しの為なのか、最短撮影距離が80cmが少々物足りない。60cmだとさして不自由無いのですが、80cmだと「あ、駄目か」ってシーンが結構あります。それ以外は何も問題無いですね。苦労して生み出した画期的新製品が市場での反応が芳しく無かったのは残念だったでしょう。

さて、僕の最初に買ったカメラはリコーのサンキュッパ・XR500だとは前にも書きました。当時の貯めた小遣いで買える一眼レフは、XR500しか無かったので、ニコンFやF2、キヤノンのF-1とか全く眼中なし。あまりに現実離れした存在なので憧れもなし。自分の手が届きそうな価格のXR500が憧れの存在で、絶対に欲しいカメラだった。

低価格品のカメラって予算に余裕のある人が買う物では無いのですね。ギリギリの予算でカメラを買う層が買うカメラ。これは恐らく輸出市場でも同じ。そんなギリギリの予算でカタログと睨めっこしながら、許されたコストの中で何を買うか悩み考えるユーザーの気持ちは僕には判ります。

XR500に50/2のセットは、その点で一眼レフに憧れる少年の心に十分に響く物だった。シャッターは最高1/500で低速も1/8までだったけど、プリズム使ったファインダーは上級機と遜色無いし、50/2ってスペックだって十分に明るいし主だったメーカーの名レンズのスペック。39800円で買える立派な本格一眼レフだったです。人に安物って云われようが、買った本人には、遂に手に入れた本格的一眼レフカメラだった。

僕も彼らも手の届くなかで、立派な物が欲しかったのです。予算が無いから安物の造りの物が欲しいのでは無く、予算の中で立派な物が欲しい。そう云った意味だと、前玉回転繰出し、55mm、F2.2、最短80cm、と僅かづつではありますが、当時の一般的な本格品?からグレードダウンしたスペックが、物の良し悪しではなく、お金無いけど一眼レフが欲しいって層とマッチングしなかった原因に思えます。

技術者さん達が一生懸命作ったRICONAR 55/2.2は良く出来た物だと思うけど、「55mmで十分でしょ?」「F2.2で問題無いでしょ?」「最短80cmで我慢しなよ」って云ってきます。実際55mmでもF2.2でも十分で、最短80cmで困る事も少ないけど、夢が無いのです。今の僕はカメラに夢を見ないけど、当時は僕のようなユーザーは多かったのでは無いかな?夢見たかったよ。

造り手の情熱とユーザーの想いが正にマッチングしなかった不幸ですね。今の時代に手にして見るRICONAR 55/2.2は、造り手の知恵の詰まったステキな物です。なんか長々と書いてしまった。


開放 - α7、JPEG

ニュートラルに気持ち入れ替えて、先ずはお猿さん。

開放はピント甘い。親猿の目で合してるつもりだがピント無い。目の前後にもピント無いので、外したワケでは無さそう。前玉繰出しで不利になるのは近景なので、影響出る距離なのかも知れない。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

写ります。無問題です。今なら判る。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

やっぱり開放はピント無い。周辺減光は小口径なので激しくは無い。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞っての遠景は最外周以外はシッカリ写る。当時カラーネガで撮ってのDPE店プリントでは全く問題無かっただろう。と、云うよりXR RIKENONで比較すれば、高価な50/1.4より幸せな写りだ。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

こんな時に最短80cmで寄れないもどかしさ。
ま、手にしてるスペックの範囲で撮り方考えるのも楽しいです。
開放はフレアっぽくてコントラストも下がる。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞れば抜けも良くて、EVFで覗いていても気持ちいい。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

いう事ない。

今なら55mmもF2.2も最短80cmすら全部あり。スカっと写って楽しい。当時なら許せないスペックも、沢山手に入れてしまった今なら逆に嬉しいって人間って贅沢。ん?僕が贅沢なのか・・・


F2.2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

遠景を撮るならF8まで絞りたい。F4、F5.6辺りでは中心以外はかなり甘い。中心部は良いので近くで人を撮ったりは問題ない。開放からF2.8は全体にかなり緩いので判ってないとガッカリ。判ってつかいましょう。


F2.2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放付近の近接は、ハイライトが滲んでソフトフォーカス。小口径だけど、これはこれでポートレートレンズになるんじゃないですかね?
繰出すと、とろけちゃうのでボケも柔らかい。これ結構好きな人居るのでは?

生産数が少ない、あまり見かけないプチレア品なので、見つけたら買っといて。

2017年1月13日金曜日

OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO MC AUTO-S 1:1,4 f=50mm 822062



オリンパスOMシリーズ用の50/1.4。マルチコートのありふれた玉。モノコートのG Zuikoと基本的には同じ物だと思ってます。オリンパスのレンズも数本取り上げてるので、OMレンズも取り上げてると思ってたが、OM用のレンズはこれが最初だった。




オリンパスのMFレンズは濃縮感があって持って気持ちいい。レンズにあるプレビューボタンで絞りをシャカシャカするのが楽しく気持ちよくて、意味も無く遊んでしまう。シャカシャカシャカシャカシャカシャカと程よい抵抗感がクセになる・・・(俺だけか?)


開放 - α7、JPEG

おおぉぉ~、開放はモヤモヤのハロハロだ。周辺減光も激しい。α7の中央重点測光の出た目で撮ってるが、周辺減光が大きいと、周辺の暗さに引っ張られて真ん中がオーバーになる。ただでさえハロハロでフレアっぽいのが、オーバーで滲んでしまうのです。


F5.6半 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放は甘い玉だが、絞ればキチンと写る。主要メーカーさんの上級レンズですからね。ちゃんと写らないとね。周辺減光から完全に逃げるにはF8まで絞らないと駄目。


F2 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F2 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F2 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

金網越し、金網ボカす為に開放で撮ろうかとEVFファインダー除いたら、あまりにホニャホニャなのでF2した。高級トイカメラ的な素晴らしい写り。(笑)


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞ってもキレキレな感じはない。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

室内ミックス光源が気持ち悪いので白黒化。白黒だとコントラストをカラーより上げて処理しても不自然にならないから鮮鋭度も上がる。周辺減光、フレア、開放よりの甘さ等、白黒だと表現の活用範囲が広いかも。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

レンズとカメラの名誉の為に、イマイチの解像と色ムラは空港展望のガラス越しのため。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

どんより空の日に持ち出したので、普段ならF11にするところがF8どまり。F5.6での撮影が多かった。F5.6だと四隅がストンと減光する。なだらかに減光するのはトンネル効果で悪く無いのだけど、僅かに端っこがストンと落ちるのは、気持ちよくない。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

日が落ちた後の酉の市。こういう撮影の方が向いてるレンズ。周辺減光も甘い描写もフレアも全部が気持ちいい。



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

遠景開放は全部モヤの中。周辺減光も大きいので、これでも周辺の暗さに引っ張られて中心はチョイオーバー気味。大口径の標準は総じて、この傾向だが、このレンズは顕著な方だ。像の線も太いが、グズグズと崩れてはない。

開放からF5.6まで絞るにつれ画質向上。一段絞るとグンっと良くなるタイプではなく、変化は穏やかなレンズ。実用的にはF4で十分。厳密にはF5.6から良像は粗全域。倍率色収差は良く補正されている。グズグズ崩れない様子から、非点収差も少なそう。開放付近の球面収差は大きそうだ。



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

ボケはトロトロと云うよりホロホロ。(なんだそれ?そんな気するので、そんな表現) カラーフリンジも激しく無く、全体に大人しい。円形絞りってワケではないが、8枚羽根絞りは絞り形状も目立たない。

纏めると、強烈な周辺減光なんだけど、像やボケは大人しく上品。このタイプは意外と貴重かも知れない。グルグルと強烈とボケや、像が激しく流れて崩れたりするトイレンズとは一線を画する写り。品のある周辺減光を是非ともお楽しみ頂ければ、レンズもオーナーも幸せになれると思います。特に白黒はきっとお薦め。

私?

私は余り相性が良いレンズではないかな・・・
否、そんな事は無い。「今度白黒でレンズの描写を意識しながら撮ってみようかなぁ?」などと思わせる位だからね。