2017年9月30日土曜日

ISCO-GÖTTINGEN WESTAGON 1:2/50 224973



ISCO-GÖTTINGEN のWESTAGON 50/2です。シュナイダーの子会社のイスコ。ちゃんと読むとイスコ・ゲッチンゲンで日本語表記は通ってるが、音声で聞いた事ないので謎。Voigtländerなんかも最近はフォクトレンダーと表記してるけど、昔のカメラ雑誌ではヴォイトレンデルとか他にもイロイロあった気がする。ブランドの母国の発音を日本は結構気にするようだけど、諸外国の方々は読みやすい発音で好きに呼んでる様子。アルファベットの国はNikonはNikonとしか表記出来ないので、自国の発音で読むしか無いが。日本はカタカナがあるので、正確な読みを表記したくなってしまうのでしょう。

シュナイダーより廉価版扱いの様子のイスコなんだが、シュナイダー自体がアッチコッチのカメラでツァイスより廉価版扱い。その廉価版のシュナイダーの更に廉価版扱いがイスコって事になる。ヨーロッパの厳しい階級社会を感じます。(T_T)

で、その廉価版の廉価版扱いのイスコの標準レンズには、このWESTAGONの他にもお名前が幾つかあって、一応格付けがあるっぽいのだけど、これも良く判らない。WESTROMATやWESTROCOLORの方が偉い様子だが、MATとCOLORのどちらが番付が上なのか?口径で決まってるワケでもなく、鏡胴の作りってワケでもなさそう。このWESTAGONは50/2だが、50/1.9もあるのでMATとCOLORとスペックで差別化出来てない。更に云えば同じスペックの光学系は同じレンズっぽい。50/2.8クラスだとISCOTARやWESTANARもあり。ずらっと名前を並べると基本的にパクリっぽい名称が微笑ましい。



イスコはプラスチック鏡胴が得意だが、これはクロームで立派な金属製。F2のWESTAGONはプラ鏡胴の物は無さそう。M42のWESTAGON 50/2は更に厳つい金属鏡胴に入っている。イスコの標準レンズの中では50/2は比較的高値で取引されてる様子。


開放 - α7、JPEG

さて、お猿さん。明らかに渦巻いてます。周辺光量不足も大きくてトンネル状態。全体にもやってますが、中心部の解像は案外悪くない。所有するレンズはコンディションはあまりよくありません。全体に薄ら曇ってる状態なのでコントラストは、かなり下がると思います。ベストな状態ならもっとコントラスはあるのでは無いでしょうか?参考程度に御覧下さい。


開放 - α7、JPEG

もんやりフワフワ夢の中な写り。収差より曇りの影響が強いかな。
最短撮影距離が1mと長いので小物の接写は無理。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

珍しく横浜をブラついた、ベイサイドな街の景色をビシっとバシーっとキレキレに撮る所なんだが、α7に着いてるレンズはWESTAGON 50/2。着けて来たのは自分自身なので、重々承知してるのですが、絞って撮れば大丈夫だろうと高を括ってた。EVFファインダーで覗いて絶望的なファンタジー感に今日は全部開放で撮ると決心。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

見事に中心以外は解像しない。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

トンネルです。口径食の周辺減光ではなく、そもそものイメージサークルが135判に若干足らないようです。絞っていっても返って四隅が蹴られてる様になる。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

曇ってるせいかハイライトあるとソフト効果大!(曇ってるせいだと思いたい。)
うーん惜しいねぇ。これで最短撮影距離が短ければインスタ栄えレンズだったかも知れない。イングリッシュガーデンの薔薇の中でコスプレ撮影とかに使うと、ファンタジー感増し増しレンズとなりそう。(門外漢です。)


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

頭がボーっとした寝起きまなこで見える景色・・・



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

全体にモヤ掛かってるのだが、開放でも極々中心の線は案外シッカリしてる。でもこれを絞って行っても余り変わらないのである。もちろん絞っていけば画質は上がるのだが、全然ユルユル。F8でもキレては来ない。エフェクト効果レンズと割り切って開放で使うのが正解なのがテストでも判る。



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

ボケテストは非常に興味深い。開放でグルグルしてるのは珍しくないが、遠景テスト同様に絞っても変化が少ない稀なレンズだ。F2とF2.8は変化なんか判んない(笑)。興味深いのは周辺のボケ。過剰補正による光源ボケのリンギングは多くの場合少し絞ると取れてくる。でも、このレンズはF8でも取れてない。このレンズの球面収差図を非常に見てみたい。

Roeschlein-Kreuznach Luxon 50/2も強烈なエフェクトレンズだったが、こっちも負けてない。どちらも小さいレンズだが性格捻くれた悪戯好きな悪たれ妖精さんレンズ。

2017年9月18日月曜日

COSINA 55mm 1:1.2 MC LENS MADE IN JAPAN Φ58mm (84100905)



55/1.2で新品9800円!私が記憶してる中で、このレンズの新品最低価格。相場は14800円~12800円。いずれにしても国産大口径F1.2標準レンズで、こんな価格で売られていたレンズは、このレンズ以外に記憶にない。

販売されて居た当時は中古と新品扱ってる様なカメラ店では、どこでも潤沢にあって珍しく無い製品だった。ペンタックスやリコーのKマウントカメラユーザーなら「安いなぁ、買っちゃおうかな?」と思わせるのだけど、当時のコシナのブランドイメージは今程高くないので、安過ぎて逆に手が出なかった人も多いのでは無いだろうか?Kマウントユーザーでも持ってない人多かった。私??私は当然買わせて頂きました。12000円位で買った記憶。



筒の質感や各部の出来は、コシナのMFシリーズの28/2.8や24/2.8等と同等。55/1.2だから特に立派になってるワケではない。実用上は十分だけど高級感はない。1万円ですからね。

そんな爆安大口径レンズとして認知されてるレンズだが、その源流は現在も高値で有り難く取引されている大口径標準レンズが元になっていると話を聞いた。コシナの中枢に近い人物からでは無く、正に中枢の人から直接話を聞く機会が10年ほど前にあり、こちらの仮説をぶつけた所、いきさつをお話して頂いた。

M42のAUTO YASHINON/TOMIOKA 55/1.2が全ての始まりで、AUTO YASHINON/TOMIOKA 55/1.2と同じ光学系の兄弟レンズが多数あります。COSINON銘やPORST銘、CHINON銘のTOMIOKA銘がダブルネームで入ってる兄弟。更にAUTO REVUENON 55/1.2のM42マウントの兄弟レンズがあります。これらは基本的には同じ物と考えていいようです。

この中でAUTO REVUENON 55/1.2はKマウント化されます。(もしかするとPORSTも)Kマウント化に際して、筒等のコストダウンはされていますが、初期のAUTO REVUENON 55/1.2の光学系はオリジナルと同様だと聞きました。続いてAUTO REVUENON 55/1.2は後期型と呼ばれるタイプになります。前玉の曲率がオリジナルやAUTO REVUENON 55/1.2初期型と異なり、緩やかになります。

世間ではAUTO REVUENON 55/1.2の初期型までがAUTO YASHINON/TOMIOKA 55/1.2の兄弟と認知されて居るようです。それは間違いではありません。初期型までが同じ光学系です。しかし、前玉の違う後期型のAUTO REVUENON 55/1.2もAUTO YASHINON/TOMIOKA 55/1.2を元に生まれた物には間違い無いようです。

話はつづきます。リコーがXR8スーパーをコシナOEMで出す時にXR RIKENON55/1.2をセットで販売します。このレンズはAUTO REVUENON 55/1.2後期型を元に作られたと聞きました。

で、XR RIKENON55/1.2を元に自社ブランドで販売したのがCOSINA 55/1.2であるとのお話でした。

さて、AUTO YASHINON/TOMIOKA 55/1.2を源流にCOSINA 55/1.2まで繋がってると云うお話をして来ました。私は友人と二人で並んで、中枢人物から光学系は変更されているけど、無関係ではなくAUTO YASHINON/TOMIOKA 55/1.2が元であると直接お話を聞きました。

このお話を聞いた場の最後に私は確認を兼ねて2度、3度尋ねました。

私、「AUTO YASHINON/TOMIOKA 55/1.2がCOSINA55/1.2に至るまで、幾度か変更されて居ますが、それらは改良ですか?」
中枢人物、「コストダウンです。」
私、「何回か変更がありますが改良は?」
中枢人物、「コストダウンです。」

間違いなく、AUTO YASHINON/TOMIOKA 55/1.2とCOSINA55/1.2は繋がっています。キッパリ!!!
兄弟では無く、子供でも無いか、甥っ子くらいかなぁ・・・


開放 - α7、JPEG

では、いつもの様におサルさんから。

もんやりとはしてますが、予想範囲内。背面液晶で確認しても、「おぉ!大丈夫じゃん」と安堵。何しろフィルム時代に使った印象では、かなりのホワホワの印象を持ってた物で。


開放 - α7、JPEG

最短域開放はかなりの破壊力。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

十年ぶり位にコシナのお膝元信州中野、小布施を訪れました。COSINA 55/1.2をSONY α7に着けて里帰りさせて来た。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

全員カメラ持った怪しい集団が平穏な地方都市を荒らします。

逆光弱し君の印象はフィルム時代と同じ印象。(後にデジで使うともっと凄い事を思い知るのだけど。)


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

ちゃんと写る時はちゃんと写る。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放で撮ると、微妙に色が気持ち悪くなる。ハッキリしないが全体的にゴーストが乗ってるのかも知れない。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

ちゃんと写る時はちゃんと写る。
絶好の鉄ポイントとして、見通し良く草木が整備されていた。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

ボケは綺麗とは云えない。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

里帰りの品でMVP受賞の品。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

大人げ無く長野電鉄の展望車を占拠して堪能。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

微妙にコントラストが破綻しそうでギリギリ踏ん張るF8での遠景。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

渋温泉、佩びれて居ながらも、結構活気あり。好い温泉でした。
源泉熱い!


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

10年前に乗ったと思われる旧車両。保存されてました。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放でのボケはカラーフリンジ乗ります。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

長野の絶景を無視してスマホゲームに興じるHさん。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

東映魔女っ子アニメのような建物と街灯の曲がりに感動。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

衝撃の夜景撮影。これより露出与えると全部真っ白。ただでさえ内部反射多いレンズにデジカメセンサーの反射でフィーバーするっぽい。

長野に行った目的はコシナさんに工場見学をさせて頂く為で、手厚い歓待に感謝感激でしたが、工場の中は当然撮影禁止なので写真は無しです。



F1.2 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放は全体にヴェール被って中心ももんやり。周辺はトロトロだが、酷く流れる事はない。F1.4のクリックは無く、開放の次はF2になる。F2で全体のヴェールは晴れる。中心部は相当改善されるけど、中心部以外が成り行き的に甘い。F4までは周辺イマイチ。F5.6で最外周は甘いが全体としてはマズマズになる。F8で周辺まで改善されてくるが、厳密には最外周はイマイチ。F8-F16は絞って行っても、あまり変わらない。少しは改善されるが、F16でも最外周はイマイチだ。



F1.2 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放のボケは最強レベル(笑)。カラーフリンジがグリーンっぽいのと共に、一番鬱陶しいパープルフリンジも乗ってくる。全体的にもフレアで見通し悪い。最強(笑)。F2.8にすると、フレアっぽいのは残るがボケは口径食も無くなって綺麗に丸ボケになる。これって今時SNS系だと皆大好き玉ボケか。

内部反射のコントラスト低下が大きいので、絞って行ってもコントラストは上がって来る気配なし。

遠景の写りは、「ちゃんと写る時はちゃんと写る」レンズだが、それ以上にフレアにビックリさせられる時が多い。そこを踏まえて収差のフレアも反射のフレアもポジティブに受け止められる人向けです。

2017年8月15日火曜日

MINOLTA AF 50mm 1:1.4[22] Φ49mm (15901382)



ミノルタAマウント、AFカメラのαシリーズマウント用の50/1.4です。なんですが・・・見ての通りの有様です。AF50/1.4はα7000と同時に発表された初期型と、フォーカスリングをゴムローレット化してMFでの操作性を向上させたNewタイプがあるが、これは初期型。

このレンズは思いで深いレンズの一本で僕の標準レンズコレクションの始まりレンズと言える物です。大昔にリコーのXR500で一眼レフを始めて、付属のXRリケノン50/2が僕の写真活動の原点とは話ました。その後写真活動にはブランクが長くあって、再び一眼レフを買ったのがミノルタのα303siの標準ズーム付き。標準ズームで写真撮ってて、「うーん、カメラってこんなんだったっけ?」と疑問感じて、買ったのがこのレンズ。そして大口径標準レンズで写真を思い出させてくれた大切なレンズなんです。

その大切なレンズがなんでこんな有様かと云うと、50/1.4を買ったらフォーカスロックしてから構図決めるAFの撮り方よりも、構図決めてからマット面で好きな場所にピント合わせる昔の撮り方を思い出して、そっちの方がシックリきたのですが、このレンズMFが滅茶苦茶やり難いのでした。正確に言うとネジ込みメタルフードを着けると、フォーカスリングに指が届かない・・・



50/1.4では少数派の引き出し式フード内蔵タイプ。このフードの場合はフォーカスリングへの指掛は問題無いのだが、このフードじゃ残念過ぎるでしょ。もっと深いフードにしたいので、良くあるメタルのネジ込みフードを装着すると・・・



で、こうするのですが、こうするとΦ49mmのメタルフードだとフードの絞込みと筒の谷間にフォーカスリングが潜ってしまう。厚み1mm強ほどの結束バンドを巻きつけて筒と面一な状態な谷間の底位置にリングある。これは使い憎いって事で、手元にあった結束バンドを巻いて接着してしまったワケ。

今だったら元に戻せる改造なり工夫をするでしょうが、当時はレンズをコレクションしてるつもりも無く、自分の物を使いやすくカスタマイズする事に抵抗は全く無かった。こうしてコレクションする事になるのなら、遣らなきゃ良かったけど。せめて黒バンドなら、少しはマシだったのですが、当時は半透明しかなかったと思う。「使い憎い!」と腹立てて思いつきで行ってるので家にあった結束バンド。瞬間接着剤で接着しちゃったので綺麗に取るのも無理。筒の周りに貼ってあるパーマセルテープは、なんで貼ったか忘れてしまったけど、恐らく筒が白く変色して来たので貼っちゃった気がする。



うわー、ダサいですね。格好悪いな。なんにせよ、自分で使う事しか考えて無かったのでお許しを。


開放 - α7、JPEG

フィルムで使ってた印象は大変好印象持ってた。リバーサルで撮ると、新しいマルチコートレンズ(当時ね)は抜けも良くて発色も綺麗だなぁ~と大満足してましたね。こうして今α7で撮ってみると、抜けと発色は記憶に近い。少々湾曲目立つのも記憶通り。ボケに関しては少々記憶より煩い。僅かに過剰補正な古典的なボケは記憶通りだけど、フィルムでは気にした記憶がない、カラーフリンジがα7とこの条件だと目立って若干鬱陶しい。


開放 - α7、JPEG

最短域、この条件だとカラーフリンジは大して目立たないが、それでもよく見るとグリーンのフリンジがボケに乗っている。僅かに過剰補正の標準レンズは80年代までは多い。開放で使うより、ほんのチョイ一段でも半段でも絞った方がグッと良くなるのは常識だよね?このレンズもそれです。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放だと全体に盛大にハロっぽいが、比較的芯があるのでピント比較的掴み易い。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

データーはフレアっぽいがコントラストを付けて仕上げれば切れる。これもボケには少々カラーフリンジが目立つ。デジタルSLRが普及し出した頃に、多くの人がフィルム時代のレンズでカラーフリンジに悩まされて居たのを思い出す。


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞っての遠景は切れも発色も問題ない。問題ないと云うより上等です。発色も濁りなく現像しやすい。


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

輝度差ある風景撮ってもコントラストも上等。ボケだとカラーフリンジ目立つが、倍率色収差は良く補正されている。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

カラーフリンジが目立たない条件で撮れれば、開放の描写は情緒的。野良猫じゃ無く、ベッピンなお姉さんでも、きっと好い筈。(しらんけどね)


F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F22

開放は全体がハロでフレアの向こう側。意外と像は崩れていない。F2絞ると中心のフレアが晴れる。F2.8で内接円は晴れる。周辺減光はF4で凡そ解消。F8位で画質的には飽和する。十分に解像するが、キレキレな解像ではなく若干の線の太さを感じる。


F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F22

この条件だとカラーフリンジは目立たない。カゴにグリーンのフリンジが見られるが、問題になるほどではない。スーパーカブでのボケ比較は逆光耐性も良く判るのだが、開放からゴースト出ずにコントラスト良好。やはりF2がボケは綺麗。Newタイプは円形絞りになり、これは円形絞りでは無いが、形状が目立つって事は無い。

ミノルタはNewを出して、円形絞りを採用した頃からメディアでもボケまで考慮してる事を目立って謳い出した気がする。STFもその頃。