2017年8月15日火曜日

MINOLTA AF 50mm 1:1.4[22] Φ49mm (15901382)



ミノルタAマウント、AFカメラのαシリーズマウント用の50/1.4です。なんですが・・・見ての通りの有様です。AF50/1.4はα7000と同時に発表された初期型と、フォーカスリングをゴムローレット化してMFでの操作性を向上させたNewタイプがあるが、これは初期型。

このレンズは思いで深いレンズの一本で僕の標準レンズコレクションの始まりレンズと言える物です。大昔にリコーのXR500で一眼レフを始めて、付属のXRリケノン50/2が僕の写真活動の原点とは話ました。その後写真活動にはブランクが長くあって、再び一眼レフを買ったのがミノルタのα303siの標準ズーム付き。標準ズームで写真撮ってて、「うーん、カメラってこんなんだったっけ?」と疑問感じて、買ったのがこのレンズ。そして大口径標準レンズで写真を思い出させてくれた大切なレンズなんです。

その大切なレンズがなんでこんな有様かと云うと、50/1.4を買ったらフォーカスロックしてから構図決めるAFの撮り方よりも、構図決めてからマット面で好きな場所にピント合わせる昔の撮り方を思い出して、そっちの方がシックリきたのですが、このレンズMFが滅茶苦茶やり難いのでした。正確に言うとネジ込みメタルフードを着けると、フォーカスリングに指が届かない・・・



50/1.4では少数派の引き出し式フード内蔵タイプ。このフードの場合はフォーカスリングへの指掛は問題無いのだが、このフードじゃ残念過ぎるでしょ。もっと深いフードにしたいので、良くあるメタルのネジ込みフードを装着すると・・・



で、こうするのですが、こうするとΦ49mmのメタルフードだとフードの絞込みと筒の谷間にフォーカスリングが潜ってしまう。厚み1mm強ほどの結束バンドを巻きつけて筒と面一な状態な谷間の底位置にリングある。これは使い憎いって事で、手元にあった結束バンドを巻いて接着してしまったワケ。

今だったら元に戻せる改造なり工夫をするでしょうが、当時はレンズをコレクションしてるつもりも無く、自分の物を使いやすくカスタマイズする事に抵抗は全く無かった。こうしてコレクションする事になるのなら、遣らなきゃ良かったけど。せめて黒バンドなら、少しはマシだったのですが、当時は半透明しかなかったと思う。「使い憎い!」と腹立てて思いつきで行ってるので家にあった結束バンド。瞬間接着剤で接着しちゃったので綺麗に取るのも無理。筒の周りに貼ってあるパーマセルテープは、なんで貼ったか忘れてしまったけど、恐らく筒が白く変色して来たので貼っちゃった気がする。



うわー、ダサいですね。格好悪いな。なんにせよ、自分で使う事しか考えて無かったのでお許しを。


開放 - α7、JPEG

フィルムで使ってた印象は大変好印象持ってた。リバーサルで撮ると、新しいマルチコートレンズ(当時ね)は抜けも良くて発色も綺麗だなぁ~と大満足してましたね。こうして今α7で撮ってみると、抜けと発色は記憶に近い。少々湾曲目立つのも記憶通り。ボケに関しては少々記憶より煩い。僅かに過剰補正な古典的なボケは記憶通りだけど、フィルムでは気にした記憶がない、カラーフリンジがα7とこの条件だと目立って若干鬱陶しい。


開放 - α7、JPEG

最短域、この条件だとカラーフリンジは大して目立たないが、それでもよく見るとグリーンのフリンジがボケに乗っている。僅かに過剰補正の標準レンズは80年代までは多い。開放で使うより、ほんのチョイ一段でも半段でも絞った方がグッと良くなるのは常識だよね?このレンズもそれです。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放だと全体に盛大にハロっぽいが、比較的芯があるのでピント比較的掴み易い。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

データーはフレアっぽいがコントラストを付けて仕上げれば切れる。これもボケには少々カラーフリンジが目立つ。デジタルSLRが普及し出した頃に、多くの人がフィルム時代のレンズでカラーフリンジに悩まされて居たのを思い出す。


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞っての遠景は切れも発色も問題ない。問題ないと云うより上等です。発色も濁りなく現像しやすい。


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8位 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

輝度差ある風景撮ってもコントラストも上等。ボケだとカラーフリンジ目立つが、倍率色収差は良く補正されている。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

カラーフリンジが目立たない条件で撮れれば、開放の描写は情緒的。野良猫じゃ無く、ベッピンなお姉さんでも、きっと好い筈。(しらんけどね)


F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F22

開放は全体がハロでフレアの向こう側。意外と像は崩れていない。F2絞ると中心のフレアが晴れる。F2.8で内接円は晴れる。周辺減光はF4で凡そ解消。F8位で画質的には飽和する。十分に解像するが、キレキレな解像ではなく若干の線の太さを感じる。


F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F22

この条件だとカラーフリンジは目立たない。カゴにグリーンのフリンジが見られるが、問題になるほどではない。スーパーカブでのボケ比較は逆光耐性も良く判るのだが、開放からゴースト出ずにコントラスト良好。やはりF2がボケは綺麗。Newタイプは円形絞りになり、これは円形絞りでは無いが、形状が目立つって事は無い。

ミノルタはNewを出して、円形絞りを採用した頃からメディアでもボケまで考慮してる事を目立って謳い出した気がする。STFもその頃。

2017年7月24日月曜日

KONICA HEXANON 1:1.4 f=57mm 7312829



絞りのオートポジションがEEの時代の大口径標準レンズ。57mmはF1.2もある。標準レンズの焦点距離で57mmってコニカにしか無いのではないか?他に思いつかない。半端で珍しい数値って何故か嬉しい。



造りはそつなく立派な物です。所有してるのは距離がフィート表示のみ。輸出仕様品かな? 個人輸入で買った物だった気がする。当時のコニカの一眼レフは国内より輸出の方が盛んだったようで、国内の中古市場で探すより、北米で探した方が簡単に見つかったと思う。ebayよりも、あっちこっちの外国の中古カメラ屋さんとメールで遣り取りして日々レンズを漁ってた時代に購入。


開放 - α7、JPEG

開放でのお猿さん、天候が曇ってるを差し引いてもコントラストは低め。全体に滲みを纏っての優しい写り。強いクセは無さそう。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

レンズの写りより写ってるカメラの方が気になる?室内でもハイライトがホンワリと滲んでソフトです。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

遠景の撮影は大変素晴らしい。コントラストこそ高くはないが均一によく解像する。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

何時もの習慣で凡その遠景をF11やF8で撮影したが、F5.6でも実用上は無問題。遠景テストを見たらF4から素晴らしい。


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

F2.8だと少々甘い。この写真は絞りの選択失敗・・・
開放かF4より絞った方が良かったな。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放で中・近景は中々面白い。強いクセは無いが端整に甘い。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

コントラスト優しく線が細く良く解像する。それはヘキサノンの標準レンズの多くに持ってる僕の印象。今回もフィルムで使ってた印象がデジでも再確認出来た。ヘキサノン好き。

----------- 2017.8.4 追記 -----------

開放 - α7、JPEG

顔メモ君の開放を忘れてた。
描写は中々に強烈だ。!
----------------------



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放は凄い。とろとろソフトフォーカスレンズだ。これは使い道がありそう。F2でもまだまだトロトロ。F2.8で中心は随分と良くなるが周辺は甘い。F2.8は中途半端で美味しくない。(笑) F4からガラっと変る。F5.6なら粗文句なし。倍率色収差も良好。



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

ボケテストは古典的な描写ではあるが暴れる事なく綺麗。少々ブルーのカラーフリンジが条件によっては目立つ。

端整で優しい大口径標準レンズとして扱い易い一本なのでは。

2017年5月8日月曜日

MINOLTA MD 50mm 1:2 Japan Φ49mm (1209278)



ミノルタのニューMDの50/2です。当然廉価版レンズなワケですが、さてどの辺りの機種に付けて売っていたのでしょう?ミノルタのニューMD時代のカメラでX-500やX-70の廉価版機も50/1.7付きの記憶。良く判らないのでウィキペディアを見たら記載すらされてない。そんなに珍しいレンズではないと思うのですが国内には少ないのかも?どこで買ったか覚えてない、海外の中古屋の個人輸入だったかも知れない。



見ての通りのイワユルNew MDって呼ばれるレンズです。廉価版ですが最短撮影距離は45cm。造りは他のNew MDと大差ありません。

素性はミノルタに詳しい人に丸投げで聞いてみます・・・


開放 - α7、JPEG

ちょっと後ピンですね・・・面目ない。お猿さんの背中にピント着てます。F2ですのでボケボケにはならず。湾曲は優秀に見える。後は普通。


開放 - α7、JPEG

密かに恒例にしてる。開放での顔メモ君です。開放での例として続ける予定。顔メモ君が減っちゃうとねぇ・・・


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

アジア鉄道写真家・小池隆さんの写真展で作者をパチリ。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

これもピント若干外した。ヘタクソを棚に上げてピント掴み難い印象なレンズ。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

ピント合ってれば写りに問題無い。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

比較的新しいレンズらしく、抜けと発色に問題ない。十分に写るけど、特別良くも無い。普通。。。(新しくないか・・・?否、80年代は新しいでしょ。)


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

暗くて絞りきれず深度足らない。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放で遠めを撮った。案外悪く無い。



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22

中心は開放からマズマズ悪くない。周辺はF4まで甘い。F5.6でもやや不満。遠景風景を撮るならF8には絞りたい。実使用でもF8やF11で撮ってれば不満はなかった。周辺減光は口径思うと大きいか。。。



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22

ボケは大人しい素直なボケ。二線ボケ傾向もない。少し絞ってもピントが掴み難い印象もあるのは、アンダーコレクション気味なのかも知れない。良く言えば柔らかい。逆に云うと、どの距離、どの絞り値でもピリっと来る感じがない。

2017年5月1日月曜日

Carl Zeiss Jena Nr.3472446 Biotar 1:2 f=58mm T



Carl Zeiss Jena Biotarです。昨今eBay等でボケモンスター等と呼ばれて人気らしいロシア製のHelios44系の先祖。



プリセット絞りでTマーク入。2代目に当たるのでしょうか?多くの場合Biotar58/2はガラスに気泡が入ってると聞きますが、これも気泡入ってます。



フィルター径49mmなのでPentax 43/1.9LTDのフードがピッタリマッチ。元々前玉が引っ込んでるタイプで、43/1.9LTDの浅めのフードでも深さタップリ。


開放 - α7、JPEG

お猿さんは普通にモンヤリ。コントラストは年代物なのでコンディション考慮すると判断は出来ない。解像は全体に甘いが。湾曲は大変よく補正されてる。


開放 - α7、JPEG

最短は50cm。黒い招き猫のハイライトのボケの中の流れはコマ収差に因るものかな?場合によっては鬱陶しいそうだ。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞った写りは良く解像し湾曲も少なく大変好印象。コントラストだけは絞ってもパキっとして来ない。やっぱり経年劣化でコンディションが悪いかも知れない。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

昔、カラーポジで撮った時はコントラストが低いのがイマイチ嬉しくなかったが、デジでRAW現像前提だと結構使いやすいかも。定点テストでも判るが、湾曲だけでなく倍率色収差も非常に良く補正されている。

ボケモンスター(僕は知らんけど。)Helios44の先祖って書いて置きながら、延々絞りっぱなしでゴメンナサイ。開けて撮る習慣があまり無いので・・・

Jena Biotar 58 Bokeh sample 辺りでググると作例出てくるので、そちらを参考に(爆)。Helios44やBiotar75/1.5(こっちの方が強烈)の画像も混ざってるので要確認で。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

暗くなって来たのでチョイ開けたF5.6。十分上等に写る。コントラスト低いと云うより薄っすらフレア被ってる感じなので、発色は薄め。


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

遠近感出したくてF2.8での撮影。周辺はかなり甘く崩れる。このレンズはF4とF5.6を境にガラッと画質が上がる。


F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22

湾曲と倍率色収差はホントに優秀です。開放からF4までは中心部以外はコマ収差で像が強烈に流れる。F5.6で激しかったコマ収差が一気に収まり、全体の画質も大幅に向上。F8、F11は大変結構な写り。コントラストはパキっとは上がりません。


F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22

ボケは、グルグルする片鱗を感じます。開放では過剰補正らしいリンギングあり。近景でもF5.6からシャッキリする。

F5.6を境に性格変るレンズなので、そこを意識して使えば面白く使えそう。