2017年5月8日月曜日

MINOLTA MD 50mm 1:2 Japan Φ49mm (1209278)



ミノルタのニューMDの50/2です。当然廉価版レンズなワケですが、さてどの辺りの機種に付けて売っていたのでしょう?ミノルタのニューMD時代のカメラでX-500やX-70の廉価版機も50/1.7付きの記憶。良く判らないのでウィキペディアを見たら記載すらされてない。そんなに珍しいレンズではないと思うのですが国内には少ないのかも?どこで買ったか覚えてない、海外の中古屋の個人輸入だったかも知れない。



見ての通りのイワユルNew MDって呼ばれるレンズです。廉価版ですが最短撮影距離は45cm。造りは他のNew MDと大差ありません。

素性はミノルタに詳しい人に丸投げで聞いてみます・・・


開放 - α7、JPEG

ちょっと後ピンですね・・・面目ない。お猿さんの背中にピント着てます。F2ですのでボケボケにはならず。湾曲は優秀に見える。後は普通。


開放 - α7、JPEG

密かに恒例にしてる。開放での顔メモ君です。開放での例として続ける予定。顔メモ君が減っちゃうとねぇ・・・


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

アジア鉄道写真家・小池隆さんの写真展で作者をパチリ。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

これもピント若干外した。ヘタクソを棚に上げてピント掴み難い印象なレンズ。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

ピント合ってれば写りに問題無い。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

比較的新しいレンズらしく、抜けと発色に問題ない。十分に写るけど、特別良くも無い。普通。。。(新しくないか・・・?否、80年代は新しいでしょ。)


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

暗くて絞りきれず深度足らない。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放で遠めを撮った。案外悪く無い。



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22

中心は開放からマズマズ悪くない。周辺はF4まで甘い。F5.6でもやや不満。遠景風景を撮るならF8には絞りたい。実使用でもF8やF11で撮ってれば不満はなかった。周辺減光は口径思うと大きいか。。。



F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22

ボケは大人しい素直なボケ。二線ボケ傾向もない。少し絞ってもピントが掴み難い印象もあるのは、アンダーコレクション気味なのかも知れない。良く言えば柔らかい。逆に云うと、どの距離、どの絞り値でもピリっと来る感じがない。

2017年5月1日月曜日

Carl Zeiss Jena Nr.3472446 Biotar 1:2 f=58mm T



Carl Zeiss Jena Biotarです。昨今eBay等でボケモンスター等と呼ばれて人気らしいロシア製のHelios44系の先祖。



プリセット絞りでTマーク入。2代目に当たるのでしょうか?多くの場合Biotar58/2はガラスに気泡が入ってると聞きますが、これも気泡入ってます。



フィルター径49mmなのでPentax 43/1.9LTDのフードがピッタリマッチ。元々前玉が引っ込んでるタイプで、43/1.9LTDの浅めのフードでも深さタップリ。


開放 - α7、JPEG

お猿さんは普通にモンヤリ。コントラストは年代物なのでコンディション考慮すると判断は出来ない。解像は全体に甘いが。湾曲は大変よく補正されてる。


開放 - α7、JPEG

最短は50cm。黒い招き猫のハイライトのボケの中の流れはコマ収差に因るものかな?場合によっては鬱陶しいそうだ。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞った写りは良く解像し湾曲も少なく大変好印象。コントラストだけは絞ってもパキっとして来ない。やっぱり経年劣化でコンディションが悪いかも知れない。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

昔、カラーポジで撮った時はコントラストが低いのがイマイチ嬉しくなかったが、デジでRAW現像前提だと結構使いやすいかも。定点テストでも判るが、湾曲だけでなく倍率色収差も非常に良く補正されている。

ボケモンスター(僕は知らんけど。)Helios44の先祖って書いて置きながら、延々絞りっぱなしでゴメンナサイ。開けて撮る習慣があまり無いので・・・

Jena Biotar 58 Bokeh sample 辺りでググると作例出てくるので、そちらを参考に(爆)。Helios44やBiotar75/1.5(こっちの方が強烈)の画像も混ざってるので要確認で。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

暗くなって来たのでチョイ開けたF5.6。十分上等に写る。コントラスト低いと云うより薄っすらフレア被ってる感じなので、発色は薄め。


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

遠近感出したくてF2.8での撮影。周辺はかなり甘く崩れる。このレンズはF4とF5.6を境にガラッと画質が上がる。


F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22

湾曲と倍率色収差はホントに優秀です。開放からF4までは中心部以外はコマ収差で像が強烈に流れる。F5.6で激しかったコマ収差が一気に収まり、全体の画質も大幅に向上。F8、F11は大変結構な写り。コントラストはパキっとは上がりません。


F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16 - F22

ボケは、グルグルする片鱗を感じます。開放では過剰補正らしいリンギングあり。近景でもF5.6からシャッキリする。

F5.6を境に性格変るレンズなので、そこを意識して使えば面白く使えそう。

2017年3月6日月曜日

NIKKOR-S Auto 1:1.4 f=50mm Nippon Kogaku Japan No.560494



Fマウント用のF1.4標準レンズの2世代目。先代の58mm(5.8cm)を改めて、RF機では当たり前の標準レンズの焦点距離を実現したFマウント最初の50/1.4。開発の話はニッコール千夜一夜物語の四十四夜で大下孝一氏が書かれてるので、そちらを参考に。それに因れば、50/1.4を実現しただけでなく、生産方法等ニコンの中でエポックなレンズだったようです。



最近、コシナのフォクトレンダーのNOKTON 58/1.4が、どこかで見たようなデザインにリニューアルされた。特にレンズの前枠がシルバーの方は、ニヤっとしてしちゃうルックスだ。NOKTON 58/1.4はコシナ・トプコールからの派生なので、コシナ・トプコールを所有する身には琴線に触れなかったが、リニューアルしたバージョンは一寸トキメク。困った。

あれ?このレンズの話じゃ無い・・・

先代の5.8cmからなんとか5cmにしようと頑張った物なので、先代と比較して見て行くとする。


開放 - α7、JPEG

開放でのお猿さんは結構モンヤリ。5.8cmは「中心は良いが周辺はゴメンね。」ってタイプで、新しい50mmは中心だけでなく、全体の収差を出来るだけ抑えようとしてる様子。強烈な暴れは無く、ほどほどに納まってる感じだ。こういった被写体の実写の印象は中心部の抜けが良い5.8cmの方が良好に感じる。5.8cmは詳細に見るとアッチコッチでエライ事になってるのですけどね。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

遠景撮るならF4からで十分写る。F8で粗全面でカッチリ&クッキリ。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

5.8cmは昔のブラウン管TVのようにモッコリ曲がって見えるが、50mmは随分と改善されていて良好。街で使うにはビルや電柱が極端に曲がらずに気持ちいい。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

先代もこれもモノコート。逆光だとフレアでコントラストは下がるが、どちらもハッキリしたゴーストはあまり出ないと思う。デジだとカメラとの相性もあるのでなんとも云えない。

場面によってはハイライトのトーンも解像もフレアで消えちゃいます。


F2.8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

もうちょい絞りたかったがシャッター速度を優先してF2.8で撮影。F2.8では周辺に甘さ残る。周辺減光も残る。


F5.6 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

F5.6と書いたが、F4だったかも?何れにしてもF4からは十分にシッカリ写る。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

開放ではお猿さんと同印象。5.8cmの方が写りが良いとは云わないが、印象では中心の抜けが良い。全体の収差量の大小だけで、実写の印象は決まらないのが面白い。もしかすると全体の収差の量って大差ないのかも?「あっちを立てて、こっちを捨てる。」と「全体に均して」の違いなのかも知れませんね。


開放 - α7、JPEG

最短撮影は60cm。もう少し寄らせてよと感じてしますが、当時はRFカメラの1mと比較すれば、60cmでも寄れるって印象だったのかも?



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放を5.8cmと並べて比べてみると、中心も含めて50mmの方が良好に見える。なのに、実写の印象だと5.8cmが開放は印象が良い。なんででしょう?5.8cmは中心以外はドロドロ。周辺画質が酷いから相対的に真ん中の抜けが良く見えるのかも知れない。こんな曖昧な感覚を相手に良いレンズを目指すのって大変そう。(笑)

F4やF5.6で50mmは5.8cmを遥か凌ぐ。正直比べるのも意味無い位に差がある。50mmはF8で画面全域に渡ってシャープ。対して5.8cmはF11まで絞っても、厳密には最外周は解像しない。

筒の見た目は同じようなレンズですが、50/1.4はスペック以上に異なる世代のレンズの様。例えるなら、小学校の上履き運動靴とスニーカー位の違い。(通じるのは昭和何年生まれまで?)



F1.4 - F2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

カブでのボケ具合も、5.8cmと比べると、ずっと大人しく暴れはない。今の目でみると古典的な大口径標準レンズらしい写りだ。




2017年2月13日月曜日

RICONAR 1:2.2 55mm RICOH LENS MADE IN JAPAN 52Φ (575681)



RICONAR 55/2.2。リコーのKマウント標準レンズでは廉価だけど良く写るとXR RIKENON 50/2が有名。XR RIKENON 50/2が当時のカタログ価格が7、8千円だったと記憶してるが、7、8千円で当時でも安い印象だった。リコーやフジフィルムは当時は低価格品の輸出が主な市場だったようで、最廉価なレンズやカメラを作っている。日本で売ったのかどうかは不明。恐らく輸出だけだったのではないだろうか?

当時の開発関係の方から開発の経緯を伺う事が出来たので、当サイトとしては珍しく為になる情報を書きます。

輸出用一眼レフの生産コストを下げるようにの指示で50/2を全群繰出しを改めて、前玉回転繰出しに出来ないか設計者数人に相談したところ、一人だけ乗ってくれたとの事です。
あれこれ計算して50/2では厳しいけど、55/2.2なら何とかなりそうとスペックが決定。カメラとセットで2000個のテストマーケティング販売をし、追加で少量造られたそうです。

懸命に造られた、コストを切り詰めながらも性能とのバランスの取れたバジェットな良品ですが、テストマーケティングの結果は芳しく無かったとの事。50mmではなく、55mmだったのが市場に受け入れられなかった原因の一つだと分析されたようです。



「安いけど手抜きは無い」と仰られた通り、造りはXR RIKENONシリーズと遜色ありません。各部の動作も滑らかですし、質感も同等。馬鹿に軽い事も無く、重くはないけどスカスカな感じも無い。前玉回転繰出しの為なのか、最短撮影距離が80cmが少々物足りない。60cmだとさして不自由無いのですが、80cmだと「あ、駄目か」ってシーンが結構あります。それ以外は何も問題無いですね。苦労して生み出した画期的新製品が市場での反応が芳しく無かったのは残念だったでしょう。

さて、僕の最初に買ったカメラはリコーのサンキュッパ・XR500だとは前にも書きました。当時の貯めた小遣いで買える一眼レフは、XR500しか無かったので、ニコンFやF2、キヤノンのF-1とか全く眼中なし。あまりに現実離れした存在なので憧れもなし。自分の手が届きそうな価格のXR500が憧れの存在で、絶対に欲しいカメラだった。

低価格品のカメラって予算に余裕のある人が買う物では無いのですね。ギリギリの予算でカメラを買う層が買うカメラ。これは恐らく輸出市場でも同じ。そんなギリギリの予算でカタログと睨めっこしながら、許されたコストの中で何を買うか悩み考えるユーザーの気持ちは僕には判ります。

XR500に50/2のセットは、その点で一眼レフに憧れる少年の心に十分に響く物だった。シャッターは最高1/500で低速も1/8までだったけど、プリズム使ったファインダーは上級機と遜色無いし、50/2ってスペックだって十分に明るいし主だったメーカーの名レンズのスペック。39800円で買える立派な本格一眼レフだったです。人に安物って云われようが、買った本人には、遂に手に入れた本格的一眼レフカメラだった。

僕も彼らも手の届くなかで、立派な物が欲しかったのです。予算が無いから安物の造りの物が欲しいのでは無く、予算の中で立派な物が欲しい。そう云った意味だと、前玉回転繰出し、55mm、F2.2、最短80cm、と僅かづつではありますが、当時の一般的な本格品?からグレードダウンしたスペックが、物の良し悪しではなく、お金無いけど一眼レフが欲しいって層とマッチングしなかった原因に思えます。

技術者さん達が一生懸命作ったRICONAR 55/2.2は良く出来た物だと思うけど、「55mmで十分でしょ?」「F2.2で問題無いでしょ?」「最短80cmで我慢しなよ」って云ってきます。実際55mmでもF2.2でも十分で、最短80cmで困る事も少ないけど、夢が無いのです。今の僕はカメラに夢を見ないけど、当時は僕のようなユーザーは多かったのでは無いかな?夢見たかったよ。

造り手の情熱とユーザーの想いが正にマッチングしなかった不幸ですね。今の時代に手にして見るRICONAR 55/2.2は、造り手の知恵の詰まったステキな物です。なんか長々と書いてしまった。


開放 - α7、JPEG

ニュートラルに気持ち入れ替えて、先ずはお猿さん。

開放はピント甘い。親猿の目で合してるつもりだがピント無い。目の前後にもピント無いので、外したワケでは無さそう。前玉繰出しで不利になるのは近景なので、影響出る距離なのかも知れない。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

写ります。無問題です。今なら判る。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

やっぱり開放はピント無い。周辺減光は小口径なので激しくは無い。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞っての遠景は最外周以外はシッカリ写る。当時カラーネガで撮ってのDPE店プリントでは全く問題無かっただろう。と、云うよりXR RIKENONで比較すれば、高価な50/1.4より幸せな写りだ。


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


開放 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

こんな時に最短80cmで寄れないもどかしさ。
ま、手にしてるスペックの範囲で撮り方考えるのも楽しいです。
開放はフレアっぽくてコントラストも下がる。


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F11 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

絞れば抜けも良くて、EVFで覗いていても気持ちいい。


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop


F8 - α7、RAW>Lightroom>PhotoShop

いう事ない。

今なら55mmもF2.2も最短80cmすら全部あり。スカっと写って楽しい。当時なら許せないスペックも、沢山手に入れてしまった今なら逆に嬉しいって人間って贅沢。ん?僕が贅沢なのか・・・


F2.2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

遠景を撮るならF8まで絞りたい。F4、F5.6辺りでは中心以外はかなり甘い。中心部は良いので近くで人を撮ったりは問題ない。開放からF2.8は全体にかなり緩いので判ってないとガッカリ。判ってつかいましょう。


F2.2 - F2.8 - F4 - F5.6 - F8 - F11 - F16

開放付近の近接は、ハイライトが滲んでソフトフォーカス。小口径だけど、これはこれでポートレートレンズになるんじゃないですかね?
繰出すと、とろけちゃうのでボケも柔らかい。これ結構好きな人居るのでは?

生産数が少ない、あまり見かけないプチレア品なので、見つけたら買っといて。